商売繁盛や家内安全に御利益のある
お千代保稲荷、墨俣一夜城を巡る。 所用時間:約3時間 運賃額:14,020円
  • 運賃額は中型車の場合です。
    小型車・ジャンボタクシーの場合は運賃が異なります。
  • 料金には拝観料・入場料金・駐車料金等は含まれておりません。


お千代保稲荷(お千代保さん)「おちょぼさん」の愛称で親しまれ、京都の伏見、愛知の豊川と並び、日本三大稲荷の一つとも言われる神社。商売繁盛、家内安全などに御利益がある庶民の神様で年間約200万人の参拝客が訪れる。
墨俣一夜城永禄9年(1566年)、木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が一夜にして築いたと伝えれられる墨俣一夜城。昭和52年に江南市で発見された前野家古文書に基づいて墨俣築城と秀吉の歩んだ道を中心とした展示がある。

ページの先頭へ戻る